ABOUT

KISHU+

KISHU+( キシュウプラス )」は、紀州漆器産地 5社が立ち上げた新しい漆器ブランドです。
紀州漆器は、新たな技術を取り入れる柔軟な姿勢が歴史的特徴です。
手しごとを尊重しながらも、そんな取り組みを更に前進させ、新しい漆器のアイテムを作りました。

DESIGN DIRECTION : TAKT PROJECT

日本四大産地のひとつ。

室町時代から続く紀州漆器は、会津塗・山中塗・輪島塗と共に、全国大漆器産地のひとつです。根来寺で僧侶が使っていた漆器がもととなり、生み出された「根来塗り」で有名な産地です。

> 伝統的な漆器の技法

伝統的リベラル

気軽に使える漆器をめざし、合成うるしや樹脂による生地づくりなど、
新たな技術をいち早く取り入れ、柔軟な姿勢で漆器に新たな風を吹き込んできました。

写真:手塗りの作業場と射出成形機が共存する紀州漆器の工場。( 中西工芸株式会社 )

Photos : Masayuki Hayashi

手仕事だけ、工業生産だけでも
辿り着けない表現

手仕事を尊重しながらも、そのリベラルな取り組みを更に前進させてみる。
デジタルによる物づくりを取り入れてみたら何が出来るだろうか?機械加工をかけ合わせてみたら何が出来るだろうか?
それは、手仕事の代替ではありません。新しい技術を取り入れ、これまで培った技や表現をより一層拡張するための取り組みであり、手仕事だけでも、工業生産だけでも辿り着けない表現です。キーワードは「先端工芸」です。